プラント工事とは?求人に募集する前に知っておきたいこと

プラント工事とはどのようなものか

工事現場の求人は情報誌やネットでも多く見つけることができます。その中には特殊なタイプの求人もありますが、プラント工事のための求人が募集されていることもあります。プラント工事という言葉を聞いたことがない人もいるかもしれませんが、プラント工事とは生産設備を建設するための工事のことです。製品を製造するための工場建設などは、プラント工事の典型的なもので、通常の工事とはいくつかの面で違いがあります。

プラント工事はしなければいけない作業の種類が多いことも特徴の一つです。生産設備を建設するためには、生産する製品の種類によってさまざまな施設の設置が必要になります。水を大量に使用する製品のための工場を建設する場合には、配管工事だけでも大規模な作業が必要になることがあります。

製品を作るために必要な設備

プラント工事は、配電設備の設置なども特殊な作業を必要とする場合が多いです。通常のオフィスや住宅と比較しても、工場で日常的に使用される電気の量は非常に多いので、安全に製品を製造できるようにするためには、設計の段階から十分に時間をかけておこなう必要があります。電気の事故が発生した場合には大規模な火災の原因になることもあるので、万が一のときにも備えられるような、二重三重の安全対策が必要になります。

このように、プラント工事は通常の工事と比べても建設が非常に難しいことから、仕事を担当する作業員にも高度な能力が必要とされる場合も多いです。小さなミスによって安全性に大きな影響を与えることもあるので、細部までしっかりと注意することが必要な仕事です。

プラントの求人は、職場は製造工場が基本です。プラントエンジニアはプラントを製造し、維持や管理をする仕事に携わる技術者です。石油やガスなどのエネルギーだけでなく化学製品や医薬品、製鉄、発電も生産します。