トラックドライバーの仕事内容は?メリットや注意点を解説

トラックドライバーの仕事は向き不向きがある

トラックドライバーは、運転が好きで、体力に自信がある人が向いている仕事です。近年ではドライバー不足が深刻となりつつあり、人材を確保するために労働環境を整える企業が増えてきています。ただし、トラックドライバーの仕事は、運転センスによって向き不向きがあるので、注意が必要です。トラックドライバーは、運転するトラックの大きさによって、平均給与が異なります。基本的には大型トラックの方が給与が高いので、大きく稼ぎたい人は大型トラックのドライバーを選ぶと良いでしょう。ただし、トラックのサイズが大きくなるほど小回りがきかず、運転が難しくなります。未経験で入社する場合は、最初は小型トラック、中型トラックから初めて、徐々に大型へ移行するケースも多いです。

トラックドライバーのメリットと注意点

トラックドライバーのメリットは、コミュニケーションが苦手な方でも働けるという点です。人との関わりが少ないので、人間関係に悩まされづらい傾向にあります。仕事中も、車の中では人の目を気にすることなく、リラックスしつつ運転することが可能です。誰かを気遣ったりしつつ仕事をするのが疲れてしまう人には向いている仕事といえるでしょう。ただし、トラックドライバーの仕事は、ただ運転するだけではありません。時間やルールを守る人、責任感が強い人が求められます。急に休んでしまうと迷惑をかけてしまうので、体調管理も大切です。特に、長距離運転の場合は、休憩を適切に取らなければ、思わぬ事故につながってしまうリスクもあります。人間関係のストレスは少なめですが、自己管理能力の高さが求められることを知っておきましょう。

ネット通販が普及した今、トラックドライバーは求められる職種です。よって求人情報誌や職安でもトラックドライバーの求人はよく見かけますが、トラックドライバー求人専門サイトなら、もっと効率的に探せます。