外資系企業に転職しようと思っている方必見!外資のメリットデメリット

1:女性の働きやすさ

もしあなたが成果をあげる自信があるのであれば、外資系企業がおすすめです。日本と比べ、海外では女性が結婚や出産後も働くことが一般的であり、外資系企業では女性の産休や育休に対する理解が厚いです。また、先ほど述べた通り外資系企業は成果主義であり、出世のチャンスが平等にあることも女性にとって挑戦しやすい環境であるのではないでしょうか。

2:給与面での待遇の違い

まず最初は給与面に関してです。多くの日系企業では年功序列の形で給与が決まっている所が大半で、基本は会社に在籍した年数が長いほど給与が高くなる傾向があります。その点において転職は少し不利かもしませんが、福利厚生が充実しており、給与以上の待遇を得ることができます。一方の外資系企業では、成果主義が反映されている企業が多いです。個人のスキルや所属するチームの業績がインセンティブや評価に影響するため、給与額自体は日系企業よりも高い傾向にあります。半面、高い評価を受けることができなければ給与が全く上がらないこともざらにあります。これを鑑みると、日系企業はローリスクローリターン、外資系企業はハイリスクハイリターンと言えそうです。

3:教育制度の面での違い

転職では、どちらの企業も即戦力を求めた採用を行っていますが、その後の成果を求められる早さに違いがみられます。日系企業では転職後にOJTなどを通して丁寧な研修を積むことが一般的ですが、外資系企業では自分が今までに積んだ経験を基に最短で結果を出す必要があります。その分給与は高めに設定されていますが、結果が伴わない場合にはすぐに解雇される可能性もあるため注意が必要です。

企業の経営、業務に関する課題に対して、最適なITサービスを提供、導入、支援を業務としているのが外資 ITです