薬剤師の概要と国家試験の難度、働き方について

薬剤師とはどのようなものか

薬剤師はその名の通り、薬を取り扱う職業です。主に、病院や薬局で働くことになるのですが医師が作成した処方箋をもとに薬を提供したり、調剤するのです。人によっては、医薬品を開発する会社で薬を研究したり開発をすることもあります。国家試験に合格した人がこの資格を取得することができますが、資格を取得したからといって必ずどこかに就職ができるというわけではありません。しかし、21世紀に入り多くの薬局やドラッグストアが開設されていますので今後求人が多くなるのではないかとも言われています。

薬剤師国家試験の難易度

薬剤師になるためには上述の通り、国家試験に合格する必要があります。果たして、その難易度はどの程度なのでしょうか。国家試験というだけで、とても難しいというイメージを持っている人は少なくありません。確かに、中には合格率が数パーセントという超難関のものもありますが平均して60パーセントから80パーセントの合格率です。8割もの人が合格できるため、簡単に感じる人もいるかもしれません。薬学が勉強できる学校で専門的な学習を行えることもありこれだけの率になっているのですが、しかし一定数不合格者が出ているのも事実です。そのため、しっかりと勉強をすることが大切なのです。

薬剤師の働き方について

調剤薬局や診療所、製薬会社であれば一般のサラリーマンのように土日は休みで基本的に残業や夜勤はありません。しかし、病院で働くとなるとそこでは夜勤や土日勤務が発生しますので薬剤師も、医師や看護師と同じ勤務体系を踏襲することになります。

薬剤師のシニア求人は薬剤師としてのキャリアの長さを考慮しているため、パートタイマーでも高い時給になっています。