外資系企業に転職するにはどれくらいの英語力が必要なの?

日常的にどれくらい英語を使うかによって異なる

外資系企業というと高い英語力を求められるイメージがありますが、実際には働く部署や周りに外国人がいるかどうかによって異なります。例えば日本国内を拠点としている外資系企業であれば、社員のほとんどが日本人なのでそれほど高い英語力は必要ありません。ただし経験を重ねて昇進していくと本部の上司とやりとりする機会が出てくるので、入社してから少しずつ勉強していくことが大切です。社内では英語を話す必要がなくても英語の文書やメールをよく見る機会が多ければ、しっかりと内容を把握できるくらいの実力があるTOEIC700点くらいの英語力が必要です。職場で日常的に英語を使うことが多い場合もあります。そのような職場では入社した時点でビジネスレベルの英語力が必要になります。

英語力より実務経験を重視する外資系企業もある

外資系企業でも部署によっては英語力より実務経験を重視することがあります。このような部署であれば、英語力に自信がなくても外資系企業に転職することが可能です。自分の英語力に自信がないけど外資系企業に転職したいと考えているなら、自分がどんな専門知識を持っているかを棚卸ししてみるのが有効です。また外資系企業ではコミュニケーション能力が高い人を重視する傾向なので、自分のコミュニケーションスキルをアピールするのもいいでしょう。それによって英語力があまり高くなくても採用される確率がアップするからです。ただしこのようなケースであっても入社後に英語の勉強をすることは大切です。

働きやすい外資系求人は最新の募集状況を確かめ、需要が高い職場を探すと長く安心して続けることが可能です。